2017年02月02日

インド料理を食べるときに左手を使うことがマナー違反って聞いたことあるかな。インド人は食事のときに右手しか使わないんだよね。日本でもインド料理店が増えてインド文化がひろまったからか、「左手NG」って話はなんとなく聞いたことあると思うんだ。だけど、食事で左手を使ったらいけない理由は聞いたことないかもしれない。どうかな。

インドでは左手を「不浄の手」といったりするんだよね。インド最多の宗教ヒンドゥー教で左手が不浄であるといわれてるみたいだけど、理由はよくわからない。日本語でも英語でも探してみたけど、たぶん古代インド哲学(仏教よりも少し前のインドの哲学)とかにヒントがあるのかも。さすがにそこまで探るのはちょっと時間がかかる。もっと単純な生活レベルの話で、インド人は左手をトイレットペーパーとしてつかうっていうことがある。トイレで紙をつかって拭くんじゃなくて、手で拭くんだ。最近はボンベイとかデリーみたいな都市部での西洋化がかなり進んでいて、トイレットペーパーも薬局で買えるけど、日本ほど一般的につかわれるわけじゃないから値段も高い。食事のときにナイフとフォークを使ってても、トイレで紙はつかわない。うん。趣があるよね。

インドのトイレには便器の近くに水道と小さなバケツがおいてあるんだ。ソースパンより小さい、ミルクパンくらいのサイズっていうのかな。500mlくらいの水が入るようなサイズのバケツ。水道をひねって、その小さなバケツに水を注ぐ。手動のウォシュレットのようなもの。それをつかって手で拭くのだから、日本人からするともう意味がわからない。いや、日本人だけじゃなくて、欧米人にしてもビックリなはずだけど。こういう独特な文化がごろごろ転がってることを思うと「インド人もビックリ」という表現がいかに驚くべきことなのか、想像しやすくなるかもしれないね。

インドに住んでたぼくはせっかくなのでその文化を体験してみることにした。トイレットペーパー買うのはめんどうだし、通ってた大学は割と古くて伝統があるタイプの大学だったから、トイレットペーパーなんてもちろんない。住んでた地域も植民地時代の建物が町中に今でも残ってるような古い伝統がたたずむ町。そんなところにトイレットペーパーはない。たまに、トイレットペーパーを捨てるためのゴミ箱(インドのトイレットペーパーは溶けないから水に流れない)がおいてあるけど、それもない。あ、でも、マクドナルドにはあったな。さすが世界チェーン。。。

日本人の友達に「インドでトイレットペーパー買わなかった」という話をするとどん引きされる。インドに旅行したことがある人でも、インド留学とかマレーシア留学とかしてた人でも「え…トイレットペーパーじゃなくて手で拭くのかよww」と驚かれる。他のアジア圏にはない、インド特有の文化なのかな。この異文化体験は割と無条件に、はずかしめを受ける感じになるので、あまり人には言わない。「異文化を体験する」って現地に足を運んで同じ空気を吸うこともいいんだけれど、その人たちの生活に一歩踏み込んではじめてわかることがあると思うんだよね。そんなことをしていたからか、日本でインド料理屋によったときインド人がナンを両手でちぎってる姿を見ると「うっ…。」となんともいえない感情がわきあがってくるんだよね。こんな異文化理解、いらないかもしれないけどさ。

 


コメントはTwitterでどうぞ

 

poi the flucutuate.のトップへ。